AGA専門病院 東京

AGAを専門としたクリニックで東京近辺に病院をかまえているAGA専門病院を紹介します。各クリニックの特徴なども交えてご案内します。

東京近辺で頼れるAGA治療クリニック

東京近郊や東京に住所を構えるAGAクリニックをご案内します。

 

当サイトではAGA治療クリニックの評判など比較して頼れるAGAクリニックランキングをご紹介しています。AGA治療病院をお探しであれば参考になさってみて下さい。

 

AGAクリニック一覧

AGAクリニック

詳細

銀クリAGA
銀クリ

価格もリーズナブル!!
数種類のAGA治療を駆使して脱毛症を改善していきます。無料カウンセリングもあり、安心ができます。

 

詳しくはコチラ>>

SBC毛髪センター
SBC毛髪センター

保証・返金保証制度もあり!
部位別の治療もできて、症例も数多くあります。またAGA治療以外にも様々なコースあり!

 

詳しくはコチラ>>

中央クリニック
中央クリニック

HAGA療法キャンペーン中!!
新宿・上野に治療院があります。HARG療法を得意として、症例実績を多くあります。

 

詳しくはコチラ>>

 

髪と男性ホルモンの深い関わり

男性、女性を問わずに思春期になると男性ホルモンの作用でヘアサイクルが変化してきます。ですが全身の毛が全部ヘアサイクルによって変わるわけではなく、男性ホルモンが働く箇所というのは限定的になっています。

 

男性の場合ですと子供の頃はヒゲや胸毛は軟毛なのでほとんど目立たないと思います。これが思春期になるとヒゲも胸毛も硬毛化してくるのです。簡単に説明すればこれが男性ホルモンの働きとなります。男性ホルモンは女性ももっています。しかし、女性の場合は思春期を過ぎても顔や胸部分の毛は軟毛のまま。ただし陰毛などは男女を問わず思春期の頃から男性ホルモンの作用で硬毛になってきます。

 

男性ホルモンだけでなく、甲状腺ホルモンやビタミンD、グルココチルコイドなど、ステロイドレセプターファミリーの多くも私たちのヘアサイクルに影響を及ぼします。ただし、男性ホルモン以外は主に毛包の上皮細胞に作用するのに男性ホルモンは間葉系細胞にのみ直接影響が与えれることがわかっています。

 

男性ホルモンの代表的なものはテストステロンですがこえrが血中を流れて細胞内に入ると5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストロチンに変化します。このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプターと結合して細胞の核内に入り、標的遺伝子のプロモーターに結合してタンパク質誘導を行い、生物学的な作用を起こします。

 

男性ホルモンが働くためには酵素、男性ホルモンレセプター、それに標的遺伝子が欠かせません。テストステロンがDHTに変化することで男性ホルモンレセプターとの結合性が10倍程強まることは以前からわかっていたそうです。人に皮膚、特に毛包ではどこに男性ホルモンレセプターがあると思いますか。レセプターの抗体を使って免疫組織染色をするという簡単な方法でこれを調べてみると、上皮系の毛母細胞には男性ホルモンレセプターではなく、間葉系の毛乳頭細胞にそれがあることがわかりました。これが毛を作る組織の特徴です。

 

そして、育毛サプリはこういった男性ホルモンの抑制に作用して抜け毛を止め、新しい毛の作りをサポートしてくれる役割があります。合わせて育毛シャンプーや育毛剤などを使うとより効果も高まる傾向があるので抜け毛が増えてきた時点で色々な対策をとることで進行を止めたり、毛根を活性化させることにもつながります。