AGA 原因

AGAの主な原因や予防策から対処方法などをご案内します。心辺りがあれば改善することで進行を防いだり、遅らせることができます。

AGAの主な原因はホルモンバランス

AGAには様々な原因があるとされていますが、主な原因はホルモンバランスです。

 

ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが大量に分泌されます。このホルモンはジヒドロテストステロンと呼ばれ、体内の酵素に作用します。

 

この酵素は発毛に関わる酵素で、髪の毛の寿命を縮めます。

 

母方の祖父の頭髪状況が遺伝すると言われています。ですから、父親がAGAでなくても隔世遺伝するのです。

 

生活習慣とAGA

 

生活習慣はAGAと深い関わりがあります。

 

不規則な生活は体への負担となります。十分に休息出来ていないと、髪の毛を育てる力も弱まってしまいます。

 

また、タバコや飲酒も体にストレスを与えます。

 

こうした原因により頭皮の血行が悪くなることで、薄毛や脱毛が促進する事もあります。

 

さらに、偏った食事を続けていますと、髪の毛に必要な栄養素が十分に摂取できません。

 

ビタミン、ミネラル類は、髪の毛の発育に欠かせません。海藻類には健康な髪の毛を作る様々な栄養素が含まれています。

 

インスタント食品や外食する機会が多いと、必要量を摂取するのが難しいです。

髪の毛のケアとAGA

髪の毛のケアの方法もAGAと関係しています。

 

たくさんの整髪剤を使用しますと、毛穴が詰まりスムーズに発毛出来なくなります。

 

シャンプーなどを必要以上に使用し、髪の毛を洗いますと皮脂バランスが崩れます。より多く皮脂が分泌されますので、頭皮がべたつき発毛を阻害してしまいます。

原因を探ってAGA対策

AGAであるかもしれない場合は、まず原因を知りましょう。

 

AGAの症状がそれ程深刻でない場合は、簡単なケアで改善できます。生活習慣を改善し、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

正しいシャンプーの仕方やドライヤーのかけ方をマスターし、髪の毛へのダメージを減らすことも予防になります。

 

症状が重い場合は、専門家に相談すると必要なアドバイスを得ることが出来ます。